フランチャイズとの違いを理解しよう

独立開業を行なう際に、自らブランドの立ち上げが難しければ、代理店契約を行なうかフランチャイズ店として加盟する方法があります。しかし、代理店契約をしようと考えても、フランチャイズとの違いを理解しておかなければ、こんなはずではなかったと後悔することになるでしょう。フランチャイズ契約では、本部の加盟店となり本部が用意した商品や販売ノウハウを利用して商売を行なうことになります。売上の一部をロイヤリティーとして納めるわけです。一方で、代理店契約では委託契約により商品販売そのものを請け負うことになるので、クレーム処理も含めて一括した請負となります。代理店は、アフターサービスまで行なう点が異なり、販売委託契約ですから経営ノウハウを受けることは無く、ロイヤリティーも不要です。

携帯電話販売店は代理店という事実を隠している

代理店契約を結んで営業する際には、代理店と大々的に謳わないことを条件としている業種があります。保険の販売代理店は、名刺にもしっかりと販売代理店と明記するわけですから、堂々と代理店名と経営スタンスを表示出来るでしょう。しかし、大手携帯電話会社の携帯キャリアショップの大半が代理店という事実を知らない人が多いです。料金収納も出来ることから、大手携帯電話会社に対する不満もクレームとして持ち込むことが少なくありません。携帯電話会社によっては、1店舗から代理店契約出来る所もあり、1次代理店だけでなく、2次3次代理店まで存在している状況にあるわけです。代理店として営業する際には、業種をしっかり選んでから始めないと、本社に対するクレーム処理まで行なうことになりかねないことに注意しましょう。

代理店の募集をすることで、多くの仕事を得ることができるという特徴があります。そのため、積極的な利用が試みられています。