青色申告と白色申告の違いとは

確定申告の時期が迫ってくると、初めて確定申告をされる方は、わからない言葉も出てくるかと思います。まず、一般的には白色申告で行うことが多いのですが、今は白色でも簡易帳簿というものを提出しなければなりません。また個人事業主の方であれば、青色申告で申告することができますが、こちらは10万円、そしてもっと細かく書類を提出すれば65万円まで控除されます。申し込みをすれば次の確定申告から青色で申告できます。青色でも白色でも簡易帳簿というのは必須ですので、どちらにしても帳簿をつけなければならないので、まずは10万円の控除が可能な青色申告の申請をすることから始めてみましょう。とても簡単な手続きです。

オンラインの会計ソフトは便利です

青色申告をするにあたり、入力をしていくだけで、帳簿が簡単につけられて、まとめてもらうことができるシステムとして、会計ソフトがあります。個人事業主の方で、そこまで額が多くないという場合でしたら、税理士に頼まなくても、この会計ソフトに入力していけばそのまま書類が作れてしまいますので大変便利です。また、オンラインタイプのものでしたら、更新もマメにされていますし、確定申告の書式も入っていたりして、そのまま作っていくことができてとてもおすすめです。利用されている方の満足度が高い会計ソフトを選んでいくと良いでしょう。ソフトによっては、サポートがついているものもありますし、わからないことは何でも質問して教えてもらうこともできます。

青色申告は企業や個人が法人税や所得税を計算して申告することを指します。帳簿の備え付けや記帳義務が必要となります。