OJTと呼ばれる社員研修って何?

社員研修は大きく2種類に分けられますが、そのうちのひとつがOJTと呼ばれるものです。OJTとはオンザ・ジョブ・トレーニングの略称で、文字通り仕事を通じて行われる研修のこと。基本的に先輩社員が指導者となり、その指示の元で日常業務を学んでいきます。

OJTの特徴は、研修コストを抑えられることです。仕事を通じて学ばせるわけですから、低コストな上に効率的でもあります。要するに塾の個別指導のようなマンツーマンレッスンですから、短期間に高い効果を得られるんですよ。教える側も指導を通じて日常業務の何たるかを再確認でき、更なる成長が期待できます。

ただし、その構造上毎年似たような指導内容になってしまうことは避けられないため、常に新しい要素を取り入れる工夫が求められます。

off-JTと呼ばれる社員研修とは?

もうひとつの社員研修は、off-JTと呼ばれています。セミナーハウスやホテルといった社外で行われる研修のことで、私たちが研修と聞いてイメージするのは基本的にこちらのタイプでしょう。外部から、たとえばビジネスマナーの専門家などを講師として招聘し、講義という形で行われます。

off-JTの特徴は、常に新しい考え方や仕組みや技術などを学べることです。どうしてもマンネリになりがちな社内研修とは違い、社員に緊張感を持たせることが可能です。

係長や課長などの階級や、総務部や営業部といった部門ごとに分けて研修を行えるため、社員間による有機的な人脈作りを促せます。

ただし、その研修が業績に直結するとは限らず、無駄なコストに終わってしまう場合があります。ですから、漫然と研修内容を考えるのではなく、費用対効果のことも念頭に置いておくことが大切です。

管理職研修は、新たに管理職となった者が受ける研修で、人を動かしたりマネジメントするスキルを身に付け、将来の企業の幹部候補となるべく為に受ける研修です。