営業代行ってどんなサービスなの?

テレフォンアポイントといった一部業務から、営業部門丸ごと全ての運営に至るありとあらゆる営業活動をアウトソーシングできるサービスのことを、営業代行といいます。日本企業が、その一部でさえアウトソーシングすることは従来考えられない話だったのですが、社会情勢の変化や人材不足などの要因が重なり営業代行ニーズは現在大きく高まっています。

営業代行を生業とする業者は、いずれも優れた営業ノウハウを有しているものです。彼らを利用することで営業における様々な問題、たとえば即戦力が足りないことや新規顧客開拓が上手く行かないといった状況の解決が容易になることでしょう。

営業代行にはどんな種類があるの?

一口に営業代行といっても、そのサービス内容は決して同じではありません。最も多いのがテレアポを代表とする支援タイプと呼ばれるもの。見込み顧客への接触だけを行い、その後の契約に至る活動は依頼主が行います。高度な仕事ではありませんが、総じて低コストで利用しやすくなっています。

次に多いのが派遣タイプ。ベテランの営業マンを一定期間貸し出すサービスが特徴で、閑散期と繁忙期の差がはっきりしている業種に適しています。利用することで固定費を大きく軽減できるでしょう。その他には営業活動全てを丸ごとお任せできるサービスもあります。これは営業ノウハウを全く有していない新興企業に適しています。

営業代行利用上の注意点を知ろう

営業代行は非常に便利なアウトソーシングサービスですが、利用の際は依存しすぎないようにすることが大切です。また情報漏洩リスクにも気をつけなければなりません。ですから、どこまでを委託すべきか十分に検討し、信用に足る実績の多い業者を選ぶようにしましょう。

企業が製品拡販の為努力していますが、ある会社、ある業界に関して販売活動に問題を感じた時にお願いするのが営業代行です。その会社、その業界に強いコネがある会社に営業活動をお願いする事になります。