会社勤務であればある程度の安定がある

仕事をするのであれば、できるだけ自分の好きな分野、得意分野がいいかもしれません。とにかく自動車の運転が好きな人に向いているのがタクシーの運転手です。働き方としては、個人で行う場合と会社勤務の場合があります。タクシー会社に就職をすれば、出勤日などが伝えられるのでその時間に出勤をして仕事をします。そして私語をした分の給料を受け取れます。一般の会社と異なるのは、歩合給の割合が高くなる点でしょう。売り上げが多いとそれなりに高くなりますし、売り上げが少なくなると給料も下がります。車両は貸与されますし、ガソリン代、整備費用などは会社がもってくれます。その他社会保険は会社が半額を負担してくれますし、自動車保険などは負担してもらえます。

個人は自由に働ける分負担が大きくなる

会社で仕事をするときは、会社の指示に従う必要があります。その代り安定した給料が得られます。自分で仕事をすると、自由にできますが、給料は仕事をした分しか得られません。どちらを取るかは難しいところでしょう。タクシーの運転手として仕事をするとき、個人タクシーとして仕事をする場合があります。会社に所属しませんから、いつ仕事をしてもかまいません。平日の夜だけ、土日だけ、もちろん毎日仕事をするのも自由です。お客さんの増減を予測できれば、稼ぎが見込めるときだけ集中的に仕事をするのも良いでしょう。問題は経費をすべて自分で負担しないといけないところでしょう。車はもちろん、ガソリン代、整備費用、保険料などもすべて負担する必要があります。

役員運転手の待遇は、一般のドライバーと比較して恵まれていることが多いため、長期的に働き続けるうえでメリットが実感できます。